読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テックキャスト

世界中のテクノロジーやカルチャーなどを中心に、生活やビジネスを彩るコトやモノを紹介。

透明な流通で合法的にマリファナを卸す「Confident Cannabis」

スタートアップ Accessing

■Confident Cannabis

f:id:takori:20161028051037p:plain

 

youtu.be

ちょうどニュースで大麻が話題になっているが、日本では「薬物=絶対悪」、という風潮が依然として強いようだ。しかし世界に目をやると、全く違った動向をみせている国もある。

それを証明する企業がConfident Cannabisだ。何をやっているかというと、透明で、合法的にマリファナの卸を行っている企業である。薬物のブラックマーケットは巨大で、完全に取り締まるのは難しいのが現状だ。それに規制を強めると、人は反動したくなる生き物だろう。

それならば、ホワイトなマーケットにして、適切なルールを設け、透明な流通のもと、適切な使用方法や使用量のもとで利用してもらうようにすれば、今まで闇の中に消えていたお金もすくうことができる。

実際にアメリカでは、各州で規制緩和する動きが加速しているし、法律の動きに合わせてConfident Cannabisのようなプレイヤーが誕生している。薬物を考える視点もそうだが、規制緩和は産業を活性化する投与剤になりうるということだ。

forbesjapan.com

確かに、薬物が問題を引き起こすことはあるだろうが、適切な摂取はむしろ良薬にもなりうる。過剰な摂取や依存が問題になるのは、お酒やたばこ、それに食べ物全般に言えることだろう。海外にようにやれ、ということではなくて、スタンスの問題として、従来の方法ではない、新しい挑戦をしていくことが求められる時代なのだ。

 

◇今日の一言

おにぎり食べたい。