テックキャスト

世界中のテクノロジーやカルチャーなどを中心に、生活やビジネスを彩るコトやモノを紹介。

睡眠を制するものは、人生を制する。『SLEEP -最高の脳と身体をつくる-睡眠の技術』

f:id:takori:20171008121341p:plain

(Photo by "Clem Onojeghuo" unsplash) 

人類は、ここ200年くらいで、蒸気機関を、電気を、ITを発明し、生活を激変させてきました。いわゆる、「産業革命」「IT革命」と言われるやつです。しかし、生活環境が激変したとはいえ、我々人間の生物的な仕組み自体は進化していないため、テクノロジーの恩恵を授かっている一方、それによって、生活をかき乱されている部分もあります。

これを書いている現在、2017年において、人はいつでもどこでもインターネットにアクセスでき、よくも悪くも、誰かと、何かと絶えず「コネクト」しています。

そのため、ついつい寝る前には徐にスマホを開いて、ネットサーフィンをしたり、SNSをみたり、することも多いのではないでしょうか。寝る前のスマホやパソコンの電子機器のライトが睡眠の質には悪影響だということを聞いたことがあるにもかかわらずです。

また、多くの人は、日々の仕事、トレーニングや研究で、心身が疲れていることと思います。そして、その疲れが寝ても覚めてもとれないことから何かしらストレスを抱えている、悩んでいる、という人も少なくないと思います。

また別の人は、すでに睡眠には気をつけていて、たっぷりと睡眠時間をとるようにしているにもかかわらず、寝起きがいつも気だるい、という人もいるかと思います。

健康は人にとって一番大事な資産であり、その健康を形成するのに最も重要なのが「睡眠」であることは間違いありません。私自身も上記のような状況から、睡眠に対する理解を深め、生活、ないし、人生を豊かにしたいという想いから、下記の書籍を手に取ってみました。

SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術

SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術

 

以下本書籍の中から、自分の防忘用にいくつかポイントをメモしていきます。

一生続いていく睡眠に対して知ることは、一生使える武器になると思いますので、睡眠について少しでも悩んでいる方はぜひ読んでみてください。

『SLEEP -最高の脳と身体をつくる-睡眠の技術』

※便宜上以下の部分はである調にしております。

ここでは以下の6つを取り上げてご紹介します。

1.睡眠に影響するホルモンをコントロールする

2.睡眠を阻害する電子機器を断つこと

3.睡眠のゴールデンタイムに寝る

4.マインドフルネスを睡眠に取り入れる

5.早起きは脳の働きを活性化させる

6.身体を自然触れるさせる、「アーシング」を行う  

1.睡眠に影響するホルモンをコントロールする

睡眠には次の3つのホルモンが大きく影響していると言われている。

セロトニン

メラトニン

コルチゾール

セロトニンメラトニンは熟睡するのに必要なホルモンであり、1日のうちに浴びる自然光の量によって増減する。一方コルチゾールは、我々が活動する時に作用するホルモンであるが、コルチゾールが適切なリズムで増減することが重要である。コルチゾールメラトニンは反比例の関係にあるものである。不規則な生活になるほど、正常なホルモン分泌が阻害されてしまう。まずは、朝早く起きて、自然光を浴びることから始めよう。1日のスタートが1日の良い終わりを決めるのだ。

2.睡眠を阻害する電子機器を断つこと

寝る前に電子機器の画面を見る、正確にはそのブルーライトを浴びることは、睡眠を阻害する。(ブルー)ライトは、コルチゾールの生成を促し、メラトニンの分泌を抑制してしまう。つまり人口照明は、寝る前の身体がOFFになる邪魔をするということだ。現代の人、さらにはスマホを所有している人は、少なからず皆、スマホ依存症だと言っても過言ではない。四六時中、スマホをいじっているが、スマホは睡眠からしたら明らかに敵だ。スマホを開けばすぐに情報の海が広がるが、寝る前の情報の探索は、ドーパミンの生成も促してしまう。ドーパミンは、注意力の向上、意識の覚醒に関係するものであり、睡眠を阻害してしまう。

f:id:takori:20171009153515p:plain

(Photo by "Alex Holyoake")

ネットサーフィンに変わる楽しいこと、読書や恋人や家族との会話など他にもできることはたくさんある。そういった時間の使い方を考えることが重要だ。ルールとして、スマホを寝室に持ち込まないなど、寝る前の時間は触らないなどのルールを設けてもいいかもしれない。

3.睡眠のゴールデンタイムに寝る

睡眠のゴールデンタイム、それは、午後10時~午前2時の間である。この時間帯に私たちの身体に関係する諸ホルモンの分泌量が最大になるからだ。毎日、十分な睡眠をとることは、身体を正常にセットするために必要なことだ。眠気のピークを超えると、元気が湧いてくるような感覚になり、ついつい作業を続けてしまうこともあるが、このつけは確実に翌日に現れてくる。人は「習慣の動物」であるため、決まった睡眠サイクルをキープすることが大切だ。その際に、90分単位で睡眠時間を確保することが重要だ。

睡眠サイクルは、身体を回復させる深い睡眠(深いノンレム睡眠)、深い睡眠より浅い睡眠(ノンレム睡眠)、夢を見るくらい浅い睡眠(レム睡眠)で構成されているが、これらが通常90分周期で繰り返されるからだ。起きる時間から逆算して、90分周期で睡眠時間をとり、睡眠サイクルをできるだけ習慣化することが大切である。

4.マインドフルネスを睡眠に取り入れる

f:id:takori:20171009152124p:plain

(Photo by "Ben Blennerhassett")

マインドフルネス、Googleをはじめとするシリコンバレーの企業などで注目されたことがきっかけで、昨今世界的に注目されているが。(詳しくは以下の本をご参照ください)

サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法

サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法

 

 マインドフルネスが注目された背景として、身体一つさえあれば、誰でも、いつでも実践可能であり、良い効果をもたらすことが挙げられる。マインドフルネスはあなたの睡眠を改善するのにも大いに役立ってくれるだろう。

その実践方法の一つが瞑想である。毎日寝る前、あるいは起きた後、目を閉じて、「呼吸」に意識を集中し、心身や脳をリラックスすることを、繰り返し実践することにより、一連の動作に伴う神経細胞のつながりが強化され、瞬時にリラックスすることができるようになる。これまで瞑想の習慣によって、以下のような効果があることが研究によっても照明されているようだ。

・集中力の向上

・ストレスの軽減

・睡眠の量と質の改善

書籍の中では、効果的な瞑想、深呼吸の方法なども紹介されている。まずは意識して呼吸するところから始めてみると良いだろう。

5.早起きは脳の働きを活性化させる

これも幾度となく耳にしたことがあるメッセージだ。「早起きする人のほうが、夜更かしする人に比べて、積極性が高く、仕事で成功する確率も高い」といった言葉も毎日のようにライフハック系の記事で目にする。だが、なかなか早起きするのは難しい。そこで、本書籍で紹介されていた、解決策について下記に紹介する。

・翌朝の楽しみをつくる

・ベッドから飛び起きる

・アラートをベッドから遠いところにおく

・朝起きたらすぐに水を飲む

・起きたらすぐに太陽光を浴びる

・休日平日関係なく同じサイクルで寝る

いろいろ手段はあると思うが、一番は習慣化してしまうことだと思われる。まずは、アラームをベッドから離れたところに置き、目覚ましを止めるためにベッドから出たついでに、水を飲むところから始めよう。

6.身体を自然触れるさせる、「アーシング」を行う

f:id:takori:20171009155310p:plain

(Photo by "Ben Hartley")

なにやら地面の電磁エネルギーを通す性質は、人体に素晴らしいメリットをもたらすことが明らかになっているようだ。研究者界隈では、身体が直に地面に触れることを、アーシング(グラウンディング)を呼ぶらしく、その研究において、血液状態の改善や心臓発作リスクの軽減、副交感神経の活性化による、リラックス効果があることが明らかになっている。高名なスポーツ医師などはすでにアーシングをスポーツ選手の身体マネジメントに活用しているという。コンクリートジャングルの中で生活している人も多く、リアルに地面と直に接することは難しいかもしれないが、アーシング製品なるものがあるらしいので、興味のある方は試行してみてはいかがだろうか。

 ここで挙げた6つのポイントは本書籍で取り上げられているトピックの一部であり、他にも睡眠と食事の関係、睡眠と運動の関係、睡眠とセックスの関係、睡眠と寝具やパジャマの関係など、我々のライフスタイルと睡眠の関係性を総合的に論じています。皆様も睡眠に対する理解を深め、良い睡眠ライフをお過ごしください。

引っ越しにおすすめアプリその2【BOOKSCAN ブックスキャン】

■BOOKSCAN

f:id:takori:20170307155724p:plain

こんにちは

 

前回に引き続き、煩雑な引っ越しの際に役立つアプリを紹介したいと思います。

それが

BOOKSCAN

です。

こちら一言でいえば、
一冊100円でお手持ちの本を電子化できるサービスです。

さらに追加料金オプションで、ファイル名変更が50円/1冊分、OCR(100円/一冊分)が可能です。

続きを読む

引っ越しに役立つおすすめアプリその1【サマリーポケット】

Sumally Pocket

f:id:takori:20170224160359j:plain

 (Alex Klopcic from Unsplash)

みなさんこんにちは。

 

2月ももう終わりを迎えようとしています。明日は国公立大学の二次試験ですね。私も浪人しており受験には苦労したので、全ての受験生には頑張ってもらいたいです。

 

さて、3月といえば、引っ越しが多い時期ですね。大学生になるため、社会人になるため、新しい職場になるため、気持ちを入れ替えるため、様々な理由で引っ越しされると思いますが、引っ越し作業ほど面倒なこともないですよね。

 

必要なものと不要なもの、いつか使うかもしれないからと、捨てきれず荷物が増えていく、という人も多いと思います。じゃあ断捨離すればいいじゃん?と言われてもいきなりそんな踏ん切りつかないですよね。そこでおすすめしたいアプリがこちら、

Sumally Pocket

pocket.sumally.com

ローンチ自体はだいぶ前なので、知っている方、使っている方も多いと思いますが、まだそれほど認知されていないので、知らなかった方はこの機会にぜひ利用してみてほしいアプリです。実際に堀江貴文さんなども利用されていますね。

 

こちら簡潔に言うと、リアル版Dropboxです

 

どういうことかというと、自分の荷物を専用のダンボールに詰めて倉庫に預け、いつでも取り出すことができるとというサービスになっております。またHPをみてもらえば分かりますが、預けたアイテムは、アプリ上で一覧できるので、ここで所有物を見直して、いらないものは捨てるなり、売るなるすればいいのではないでしょうか?

 

少し値段の話をすると、ダンボールはレギュラー、ブックス用、アパレル用の三種類あり、一律300円です。そしてダンボールの輸送と、集荷は時間指定を行い、無料で行っていただけます。そして、倉庫に預けると保管手数料(初月無料)月々300円がかかり、倉庫から引き出す際、一箱につき800円の配送料がかかる、という仕様になっています。

 

私が上で「リアル版のドロップボックス」とうまい感じに言ってますが、これはWIREDからの拝借で、創業者の山本さんにインタビューはこちらからご覧ください。

wired.jp

 

このように、必要なものを必要な時に引き出し、基本的には、ものを所有しない、共有するといったライフスタイルが、インターネットの浸透によって可能になってきました。こうした新時代のライフスイタルを、

超フロー型ライフスタイル

と勝手に命名して、また関連するサービスや未来洞察じみたこともしたいと思います。

またECやフリマをはじめ、ネットとリアルが連動するようになり、配送業者が困窮しているという話もありますのでその辺も今度論じてみたいと思います。

 

ばいちゃ。

 

 

 

世界中のテックニュースを分野ごとに毎日配信してくれる「12K」

■12K

f:id:takori:20161201060418j:plain

(photo Daria Nepriakhina unsplash)

12Kは世界中のテックニュースの中から、あなたの興味の分野をメールマガジンとして毎日配信してくれるサービスだ。

分野は

・AI(人工知能)

・AR、VR、MR

・サイバーセキュリティ

・デジタルエンターテインメント

・Fintech

・車の未来(電気自動車、シェアカー、コネクティッドカー)

・IoT

・ライフサイエンス

・メディア&広告

ウェアラブルバイ

など、まさに今注目の分野ばかりです。

f:id:takori:20161201060345p:plain

最近ニュースの記事が多すぎて、インプットが散漫になっているような気がします。なので、改めてきになるメディアのニュースをメルマガとして配信してもらうことで欠かさずチェックすることができて良いかもしれないです。

TechCrunchやWIRED、GIZMODEのような世界的なテックメディアの記事は比較的目にすることが多いかもしれませんが、本当にニッチな情報を取りに行くなら、ネイティブの記事や、その分野に特化したメディアやブロガーの情報もいいのではないでしょうか?

気になった方は、メールアドレスを登録してみると良いかもしれません。こういう時はメルマガ用のアドレスをGmailで作って一括で管理するのがおすすめです。

 

◇今日の一言

久しぶりの更新です。これからまた復活します。ただサービスやプロダクトを紹介するだけでは面白くないので、これからは読み応えのあるコンテンツも出していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

 

 

 

グッドデザインな製品コレクション「INVISIBLE」

■INVISIBLEf:id:takori:20161105100028p:plain

INVISIBLEはグッドデザインな製品を扱うマーケットプレイスです。ファッション、小物、テックガジェット、家具から雑貨まで幅広く扱っている。友達や恋人の誕生日に何をあげるか迷ってしまう時に、皆が知らないようなものをあげたい時に、今は海外からも容易に購入できる時代ですから、利用してみてはいかが?クリスマスもありますしね(笑)

 

▼国内のイケてるものが見つかるサービス3選

Cart

f:id:takori:20161105101646p:plain

Cartは有名人によってキュレートされているモノが並んでいるサービスです。この業界の人だからこそ知っているものを見つけてみては?

◇Sumally

sumally.com

まあ有名だと思います。モノを介してつながるSNSですが、実際に出品をすることもできますので、そこはフリマアプリみたいな感じですが、大衆的なプロダクトよりもイケてるものが多いです。

◇BASE Mag

basemag.jp

言わずと知れたBASEのサービスで素敵なアイテムのストーリーを集めたショッピングメディアです。今はただモノを消費するのではなく、その背後のストーリーまでを含めたコトを消費する時代です。

 

 

AIと一緒にダイエットする「CALNA」

■CALNA

f:id:takori:20161107064541j:plain

食欲の秋。美味しいものがたくさんで、ついつい食べ過ぎてしまいがちですが、健康管理もしないとね。CALNAヴァーチャルの栄養管理トレーナーを提供しています。コンビニやレストランなどの外食メニュー700万通り中から、最適な食事をレコメンドしてくれます。

calna.me

Appをダウンロードして開くと、さっそくCALNAちゃんが語りかけてきます。自分の身体データを登録するのも、チャット形式で、けっこう楽しいです。最初の打ち込み作業って意外と面倒ですが、これならサクッといけますね。サービスを使い始めてからもCALNAちゃんに気軽に相談することで解決策を提示してくれます。頼りになりますね。これからは一人でダイエットするのではなく、AIパートナーと共にやっていく時代です。

f:id:takori:20161107064946j:plain

プログラムは

・体重予測

・習慣化

・食事メニュー

の3つの要素で構成されています。「3万人以上のダイエッターのデータとあなたの習慣をもとに一ヶ月後の体重を予測」「一ヶ月で2%減量のペースでメニューを考えてレコメンド」「なるべく自然なダイエットプログラム」だそうです。ダイエットのお供にぜひ使ってみては?

それにしてもAIと人間の分業は着々と進みつつありますね!日々の情報量が増加する一方で、処理能力が一定な人間ですから、いくら良い選択肢が増えたとしても、知らなければ選べません。そんな時に役立つのがAIであり、高度な情報処理は機械がやってくれるようになるでしょう。人は意思決定や選択に集中できるようになります。これからあらゆる生活やビジネスにおいてもっと加速する動きであることは間違いないですね。

 

 ▼他のヘルスケアテック

takori.hatenablog.com

 

◇今日の一言

秋らしいものが食べたい。

本のイントロをランダムに紹介する「Recommend Me Book」

■Recommend Me Book

f:id:takori:20161105093935j:plain

(Photo by Glen Noble unsplash)

www.recommendmeabook.com

昔は、ふらっと本屋に立ち寄り、棚を観察しながら気になった本をタイトルだけで買うこともあったが、どうも最近はシステマティックにアマゾンでクリックして買っているだけだ、という人も多いのではないだろうか?

ふむ、確かにアマゾンのレコメンド機能は、自分の過去の購買履歴から似たようなユーザーをグルーピングして、あなたがまだ読んでいないだろう本を紹介してくれるので、クオリティも高い。どんどん良い本に出会えることは間違いないのだが、興味の範囲が狭くなってしまうこともしばしばだ。

こうしたデジタル世界でパーソナルに最適化が進むことで、情報に触れる範囲が限定的になってしまうことをフィルターバブル という。フィルターバブルを防ぐ方法として、ランダムレコメンドや、アルゴリズムによって意図的に異分子を入れる方法、また人間のフィルターなどが考えられる。最近はこうしたサービスも増えてきているように思うので、またの機会にまとめたい。

最後になってしまったが、そんな人におすすめなのは、Recommend Me Bookのようなサービスである。ランダムに本のイントロ1・2ページを紹介してくれるので新しい発見があるかもしれない。まぁこれは英語なんですけど、、。

日本後ならこれがオススメですね。

www.flierinc.com

 

◇今日の一言

秋はまだ来てない。紅葉=秋だから。